*

乗り越える

公開日: : 未分類

ご夫婦の撮影を始めて昨日でちょうど一年。
編集をしながら、あることに気が付きました。
映像で見直してみると、撮影している時に見逃した言葉の端々に映る悲しみや葛藤に目が行きます。
みんなが元気になれと言ってくれて有り難いけど、娘は側にいると言ってくれるけど、、、頭ではわかっているけど、娘は帰って来ないし寂しさは変わらない。
当初から考えたらご夫婦はとても元気になったけど、人知れずいつもいつもその葛藤から逃れられずにいて、ひどく落ち込んだり眠れぬ夜を過ごしているのです。
私はなにを見ていたんだろう。。
元気になってほしいという気持ちは私の願望だった。 ご夫婦は充分頑張っていた。
勘違いしていた。 悲しみや苦しみを乗り越えるということは、それを忘れようとしたり押し込めることではなく、その悲しみや苦しみを抱えて生きていく決心をすることではないか。
ご夫婦は泣きながら、でも店を建てて働き、なんとかして生きようと頑張っていた。
お母さんに、何で生きようと思えたの?と聞いたら、「あの子の供養をしなくちゃいけないと思ったの」 と泣きながら答えてくれた。
常連さんにフライ焼いてる時に泣かせてしまった。 お母さん、ごめんね。
今までも、辛いこといっぱい聞いてしまったよね、ごめんね。
私なりに、悲しみを乗り越えるということ、日常を生きて行くということを精一杯考えながら作品を作ります。

adsence

関連記事

no image

午前2回終了

9:30と12:00の回終了しました。 おかげさまで2回合わせて150人! ありがとうございます。

記事を読む

no image

問い合わせ殺到

新聞効果により、問い合わせが殺到しております。 昨日と今日16時の時点までで約70件。 あまりの反響

記事を読む

no image

桜とパソコン

しばらく間が空いてしまいましたので、近況報告。 神田川の桜が綺麗に咲き、ちりはじめています。 家が

記事を読む

no image

花冷え

今日はまた寒いですね! 昨日暖かくなったからこのままいくかと思ったんだけど、考えが甘かったようです

記事を読む

no image

シスター

昨日聖母病院に行ってきました。 その名のとおり、この病院にはシスターがたくさんいます。 そこかしこ

記事を読む

no image

6/26 人工授精3回目

人工授精3回目行ってきました。早いなあーもう3回か。 朝9時30分に精子を病院に届け、洗浄をかけてい

記事を読む

no image

新聞掲載

1/8の日経産業新聞、1/9の日経新聞埼玉版に「梅むら夫婦」ロードショーについての記事を掲載していた

記事を読む

no image

緊急手術

昨日、子宮外妊娠が発覚して緊急入院手術を行いました。 奇跡的に卵管は残すことができました。 もうしば

記事を読む

no image

子宮外妊娠体験

妊娠反応があったのは7月12日くらいでした。その二日後くらいから夜中になると原因不明の激しい吐き気と

記事を読む

no image

2011年11月16日読売新聞全国版「顔」

記事を読む

adsence

Comment

  1. keiko より:

    >悲しみや苦しみを乗り越えるということは、それを忘れようとしたり押し込めることではなく、その悲しみや苦しみを抱えて生きていく決心をすることではないか。
    これを制作で探していたのではないかな?[E:confident]
    やっと見つかったね[E:shine]
    女の子を失ったご両親(ご主人がお坊さんのご家族)を尋ねた時、
    「受け止めるしかないですものね」
    と涙ながらだけど笑顔でママが話してくれました。
    この言葉にはたくさんの意味があって、
    その笑顔にはたくさんの想いがあったよ。
    女の子の最期の壮絶な痛み、
    ご家族の看取るまでの頑張った姿、
    女の子がもう目も耳も聞こえないのに、
    「ありがとう、ありがとう」と何度も伝えてくれた奇跡、
    それはとてもとても悲しくて辛かったけれど、
    けして忘れられない、
    いつまでも覚えてる、
    いつも昨日の事のように思い出す、
    思わず涙が流れてしまう
    「悲しみや苦しみを抱えて生きていく決心をする」というのは、
    「受け止めるしかないですものね」
    と話したママの姿勢そのものでもあるよ。
    でも何故、笑顔で話せたのかというと…
    きっとそう、
    話して聞いてくれる相手がいるから。
    受け止めてくれるみんながいるから。
    一緒に涙したみんながいてくれるから。
    時には涙が枯れるまで落ち込む事があっても
    「いいんだよ、頑張って来たよ」
    と言ってくれる誰かがそばにいるから。
    悲しみや苦しみを抱えて生きていくことができるのは、そんな周りのみんながいるからではないかな、きっと[E:wink]。
    (ちなみに、友達同士の慰め合い程度なんかでは終わらなかった、面識もないのに人づてに広がる繋がりが確かにあったよ)

  2. 茂木薫 より:

    >keikoさん
    やっと自分の中で整理がついた気がします。
    編集作業の頭で気がつけてよかった。
    正月からずっと自分の体調にばかり頭が占領されてしまって、
    わかってるつもりでも実感できていなかったことが沢山あります。
    いつもいつもありがとう。
    あきらめずに声をかけ続けてくれて本当にありがとう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsence

no image
もっと柔らかく

あと一ヶ月で36歳になります。 30代も折り返し、これまでに色んなこと

no image
どんな人生もわたしの人生

ほっと越谷での「幸せのカタチ 改訂版」上映が終了しました。 ほ

no image
思うところ

うーん、日々思うことはたくさん。 毎日少しずつメモでもしておいてコラム

ほっと越谷
埼玉、越谷市の「ほっと越谷」で開催される講座で上映&トークやります

12月1日(日)、8日(日)、14日(土)と3回にわたって開催される、

上映会のお知らせ   不妊治療・不妊専門病院「はらメディカルクリニック」
「はらメディカルクリニック」主催 幸せのカタチ上映会

渋谷区、千駄ヶ谷の不妊治療・不妊専門クリニック「はらメディカル

→もっと見る

PAGE TOP ↑