*

覚書

公開日: : 未分類

覚書
子供を亡くされたフライ屋さんのご夫婦の事を考えながら思ったことの覚書。
お二人が店を開いてから変わったと感じることは…
お二人の顔色がいいこと。 お子さんのことをあまり話さなくなったこと。
お店の中に温かな空気が流れていること。
お子さんとおばあちゃんの写真が心なしか穏やかな表情に見えること。
ここまで書いて気がついた。 二人が店を始めて少し元気になってくれたことで私自身が安心し救われていたんだと。
だから、お子さんの写真が穏やかに見えるのかもしれない。写真は私の心の鏡なのかもしれない。
元気に見えても家に帰れば思い出して泣いたり、眠れない夜もあるだろう。
お子さんが亡くなる前に店をやっていたお二人の姿を私は見ていないし出会った時からずっと泣いていたから、私には二人が元気になったと感じるけど本当は全然本調子じゃないかもしれない。
自分より早く子供が亡くなるという悲しみ(←この言葉も相応しいとは思えないけど…)は計り知れず。
元通りなんて有り得ないだろうし、明らかに変わってしまった無くしてしまった自身を持て余すのも当たり前。
そんな気持ちは当事者以外にわからない。 悲しみに支配されながら周りの人ともぶつかったりすることもあると思う。
でも、ご夫婦は一歩踏み出した、日常へ。 ぶつかりながら、助けられながら。
それはやっぱりすごいこと。
助けられたのは私だ。
雨はもう上がったのだろうか。

adsence

関連記事

no image

朝焼けを見て

今仕事に向かっている途中です。 土曜の朝でも新宿は人が多い。 今日の仕事が終わったら、この間亡くな

記事を読む

no image

シスター

昨日聖母病院に行ってきました。 その名のとおり、この病院にはシスターがたくさんいます。 そこかしこ

記事を読む

no image

供養

今日、縁あってお付き合いさせていただいているお寺で水子供養をしていただきました。 ずっと気になって

記事を読む

no image

2011年11月16日読売新聞全国版「顔」

記事を読む

no image

子宮鏡検査1回目&2回目

<子宮鏡検査1回目> 卵管造影から1ヶ月がすぎ、いよいよ子宮鏡検査。子宮にカメラを入れて卵管の入り口

記事を読む

no image

桜とパソコン

しばらく間が空いてしまいましたので、近況報告。 神田川の桜が綺麗に咲き、ちりはじめています。 家が

記事を読む

no image

緊急手術

昨日、子宮外妊娠が発覚して緊急入院手術を行いました。 奇跡的に卵管は残すことができました。 もうしば

記事を読む

no image

新聞掲載

1/8の日経産業新聞、1/9の日経新聞埼玉版に「梅むら夫婦」ロードショーについての記事を掲載していた

記事を読む

no image

初心に戻って

今日たまたま20歳くらいの若い女の子の撮った映像を見る機会があったのですが… その感覚のみずみずしさ

記事を読む

no image

卵管造影検査

不妊検査の中で一番痛いといわれている卵管造影検査ですが、かなり個人差があるようです。 痛い人もいるし

記事を読む

adsence

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsence

no image
もっと柔らかく

あと一ヶ月で36歳になります。 30代も折り返し、これまでに色んなこと

no image
どんな人生もわたしの人生

ほっと越谷での「幸せのカタチ 改訂版」上映が終了しました。 ほ

no image
思うところ

うーん、日々思うことはたくさん。 毎日少しずつメモでもしておいてコラム

ほっと越谷
埼玉、越谷市の「ほっと越谷」で開催される講座で上映&トークやります

12月1日(日)、8日(日)、14日(土)と3回にわたって開催される、

上映会のお知らせ   不妊治療・不妊専門病院「はらメディカルクリニック」
「はらメディカルクリニック」主催 幸せのカタチ上映会

渋谷区、千駄ヶ谷の不妊治療・不妊専門クリニック「はらメディカル

→もっと見る

PAGE TOP ↑