*

決意

公開日: : 10 ブログ

前回、不妊治療をしているというご報告をしました。
いろいろと考えた末、テレビ局に不妊治療を続けながら活動する映像作家として取材してもらえるよう掛け合いました。
現在あるテレビ局からいいお返事をいただいており、このままいけば取材をしてもらえそうです。
不妊治療の様子など出来る限り撮影してもらえるよう頼んであります。
賛否両論あるかとは思いますが、不妊治療に対する社会的理解を深める一助となればと思い決意しました。
これを思いついたのはつい最近のことでした。
私の祖母が卵管のつまりによって結婚後長い間子供を授かることが出来なかったという事実を聞いたのがきっかけでした。私の親族には他にも不妊の方がおり、祖母の話を聞いて、なんとなく自分が今不妊である意味を知ったような気がしたのです。
祖母達の時代には医療も発達しておらず、子供の産めない女性に対しての偏見はとても強かったと思われます。長男の嫁であった祖母は少なからず辛い思いをしていたに違いありません。
時を経て男女差別も少なくなり、医療技術は進み、不妊症の女性が10人に1人という具体的な数字が出ているにも関わらず、未だ社会的な理解は薄く不妊症の人々は肉体的だけでなく精神的に大きな負担を抱えています。
その上、医療の進歩とは反比例して不妊症は病気と認められていないため保険も効かず大きな経済的負担を抱えなければなりません。
時代が進んでいるというのに、社会においてのこの認識の進歩のなさはなんなのでしょうか。
実際私も治療するまで知らないことだらけでしたし、治療中においては上記のようなたくさんの問題点やそれによって起る悪循環に悩まされることとなりました。
不妊にとってストレスは大敵だというのに、不妊症患者にはこのストレスが常につきまとうというおかしな状態になっているのです。
このようなことを考えた時、三代の不妊の苦しみの歴史の後に自分自身が今不妊治療を受けているのは何か役目があってのことだと思いました。
その役目が、自分の治療している姿を通して不妊の実態を多くの人に伝えるということでした。
まさしく、今しかできない役目であり、私がやらなければならないことだと感じました。
そして心のどこかで必ずそれを取り上げてくれる所があると確信していたのです。
思い立ったらすぐに行動しました。こんなにとんとん拍子に話が進んだのも何かの縁だと思います。
どうか私の治療体験がお役に立つことができますように、祈っております。
放送日が決まりましたら、またご報告します。
とりあえず今週末に初めての取材撮影になりそうです。
無事に放送されることを祈って。

adsence

関連記事

no image

読売新聞のりました

今日の読売新聞埼玉版の朝刊に「梅むら夫婦」の記事がのっています。埼玉の方、読売とってる方見てみてくだ

記事を読む

no image

ミドルエイジクライシス新シリーズ

お知らせです。 ≪本日31日(月)≫18:10~19:00 NHK総合『首都圏ネットワーク』にて 「

記事を読む

no image

祝1000人

11日の祝日の昼の回には梅むら夫婦が来てくれました。天気悪かったのに、その回は今までで一番お客様が多

記事を読む

no image

もっと柔らかく

あと一ヶ月で36歳になります。 30代も折り返し、これまでに色んなことがあり、自分を振り返ると、、

記事を読む

no image

19日舞台挨拶決定!

ついにワーナー・マイカル・シネマズ羽生での上映が始まりました! 19日 11:30の「幸せのカタチ」

記事を読む

no image

ショーのような結婚式二次会

先日、大学時代の友人の結婚式の二次会に出席するために、主人と大学の友人二人とその子供と共に名古屋へ行

記事を読む

no image

どんな人生もわたしの人生

ほっと越谷での「幸せのカタチ 改訂版」上映が終了しました。 ほっと越谷でのこの企画は全三回だ

記事を読む

no image

お祭り状態

2010年9月18日行田ミニドキュメンタリー映画祭 開催!!詳細はこちら→http://h

記事を読む

no image

成長しました

なにが成長したかというと、不妊系のコミュニティでお知り合いになった方からいただいた子宝草です。流さ

記事を読む

no image

いよいよ今日放送!四十九日のレシピ

先日お伝えしました、私が取材協力させていただきましたドラマ「四十九日のレシピ」第1回が今晩10時から

記事を読む

adsence

Comment

  1. やす より:

    今でもそうだけどこれからは不妊に悩む女性が増えていくことは確実。それなのに保険が効かなくて治療に負担がかかりすぎ、多くの女性が苦しんでいるという現状を放っておいてはいけない。社会的な状況を考えて結婚や出産を望まない女性もいる。育児の負担を考えると産める人でも1~2人しか産めない。子供をとりまく環境の不十分さ。
    少子化を加速させる理由はいくらでもある。せめて子供を望んでいる人にはすべての設備を提供して応援するぐらいの補助があってもいいもんだ。

  2. asahi より:

    あなたのように逆境をプラスに変える実行力があるというだけで、世間の理解の薄い部分も、実は明るい所も実存するって証明になっているね。東京は特に暮らしに不向きな一面を持ち合わせた街だから、私のように子供を持たない選択をした人間にとって、不妊の悩みは未知。
    あなたが近しい友人でなければ考えもしなかっただろうと思います。
    命をつなぐ本能と社会環境のズレがなだらかに繋がっていくといいですね。
    不妊の女性のひとりひとりが各々治療と共に幸せな暮らしができること、心から応援していますよ。
    前に進んで元気に生活!!

  3. 茂木薫 より:

    >やすさん
    コメントありがとうございます。
    本当に、少子化対策という言葉が叫ばれている反面、全くそれが反映されていない現実に驚きますよね。
    この温度差はおかしい!
    妊婦の定期検診ももっと安くてもいいんじゃないかと思う。。
    知れば知るほど驚くことが多いです。
    >asahiさん
    コメントありがとうございます。
    話に耳を傾け、理解しようという姿勢をもってくれるasahiさんにいつも助けられています。
    みんなそれぞれに大変な今の世の中ですから、他人事だと目を背けることはいくらでもできるし、そうしなければ前に進めないこともあるような現代ですが、ほんの少しでも自分の知らないこの世の一面に目を向けて考えられる余裕があるようにはしたいと思います。
    人それぞれの事情や人生を認め理解しようとすることは、面倒なことではなく、実は自分自身に豊かさを与えることなのではないかと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

adsence

no image
もっと柔らかく

あと一ヶ月で36歳になります。 30代も折り返し、これまでに色んなこと

no image
どんな人生もわたしの人生

ほっと越谷での「幸せのカタチ 改訂版」上映が終了しました。 ほ

no image
思うところ

うーん、日々思うことはたくさん。 毎日少しずつメモでもしておいてコラム

ほっと越谷
埼玉、越谷市の「ほっと越谷」で開催される講座で上映&トークやります

12月1日(日)、8日(日)、14日(土)と3回にわたって開催される、

上映会のお知らせ   不妊治療・不妊専門病院「はらメディカルクリニック」
「はらメディカルクリニック」主催 幸せのカタチ上映会

渋谷区、千駄ヶ谷の不妊治療・不妊専門クリニック「はらメディカル

→もっと見る

PAGE TOP ↑